ロータリークラブとは?

ロータリークラプ(Rotary Club)は、世界中の事業および専門職務に携わる指導者からなる世界規模の組織で、人道的奉仕活動を行い、職業における高い道徳的水準を奨励し、世界中で親善や平和を築くための助力をしています。国際的な社会奉仕連合団体「国際ロータリー(Rotary International, 以下” RI”)」のメンバーであリ、地域に根ざした奉仕クラブ組織といえます。ロータリークラブの会員は、様々な地域社会や国際的な奉仕のニーズに答え、世界の平和と理解を推進するべく活動している職業人リーダーたちの多様なグループを構成しています。会員の方々は、私たちの最も大切な資産です。会員の方々は、ロータリーが数多くの人道的活動を成し遂げ、その使命を達成するための推進力なのです。

ロークリーの誕生とその成長

1905年2月23日

奉仕の理想に燃えた青年弁護士のポール・ハリスが3人の友人に声を掛け、シカゴのディアボーン通りにある建物で会合をもったのが発端となりました。「ロータリー」の名は、各会員の事務所を順番に回って会合を行う慣習に由来したものです。

1906年~1907年

その会合はシカゴ・ロータリー・クラブとして最初の綱領が決定されました。
・ 本クラプ会員の事実上の利益の拡大(互恵取引)
・社交クラブに付随する親睦およびその他必要事項の推進(親睦)
・シカゴ市の最大の利益を推進し、シカゴ市民として誇リと忠誠心を市民の問に広める(社会奎仕)
そして、最初の社会奉仕プロジェクトがスタートしたのです。

1908年~1909年

2番目のロータリー・クラプがサンフランシスコで結成され、その後、オークランド(カリフォルニア州)、シアトル(ワシントン州) 、ロサンゼルス(カルフォルニア州) 、ニューヨーク市( ニューヨーク州) 、ボストン(マサチューセッツ州)にもクラプが結成され、ロータリー・クラブが全米に広がっていったのです。

1920年~1921年

日本も加盟を果たし、束京ロータリークラブが承認されました。

1923年~1924年

ロータリーの会員が世界で10万人を超しました。また、世界中のロータリアンが関東の大地震に対し、救済運動を実施。国際ロータリーから74,000ドル503クラブから15,000ドルが寄贈されたという記録が残っています。

以来、ロータリークラプが創立されて、およそ一世紀に亘る長い奉仕の歴史の中で、ロータリーのこころは着実に受け継がれ、成熱してまいリました。
今では200以上の国と地域に広がり、クラプ数35,656、会員総1,202,937人(2017年7月1日RI公式発表)に達しています。
現在、日本全体でのクラブ数は2,274、会員数89,823人(2018年4月末現在)となっています。そして、これら世界中のクラプの連合体を「国際ロータリー」と称します。

このように、歴史的にみても、ロータリーとは職業倫理を重んずる実業人、専門職業人の集まりなのです。その組織が地球の隅々にまで拡大するにつれ、ロータリーは世界に眼を開いて、幅広い奉仕活動を求められるようになリ、現在は多方面にわたって多大の貢献をしています。

ロータリーの定義

ロータリーは、人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した、事業および専門職務に携わる指導者が世界的に結び合った団体。